MINOU BOOKS&CAFÉ | 石井 勇さん

文:大内理加 (大内商店) / 写真:Shintaro Niimoto (studio SARA)


ガラス窓をのぞいて見れば、珈琲と文化の香りがする
うきはのカルチャーベースを目指して

01-187A8789

好きな時に、好きな過ごし方でくつろげる
街のオアシスになる本屋を理想に

白壁通りから一本路地に入った場所にあるレトロな2階立てのビル。
道に面した大きなガラス窓から中を覗くと、店舗の半分は書店、半分はカフェになっていて、絵本を選んでいる親子、マフィンをかじりながら文庫本を読みふける人、おしゃべりに花が咲くマダム達。
まるで群像劇のワンシーンのように様々な人々が思い思いに過ごしている。
この風景こそが、MINOU BOOKS&CAFÉのオーナー石井さんが思い描いたものだと言う。
「僕はもともと本よりも本屋さんが好きだったんです。本屋さんって好きな時に入って、好きな時に出てもいい。買わなくても何も言われないし、扱う本も来る度に替わっているのでいつ来ても変化がある。あと本屋さんだったら何でもアリと言うか、いろんな意見が本という形で並んでいる。そんな空気感が好きでした」

02-187A8725

出店まで理想の場所を求めて東奔西走!
選んだのは、しっかりと根を下ろせる故郷へ

石井さんは最初から本屋を目指した訳では無く、きっかけは6年間勤めた福岡市天神のブックカフェ時代に遡る。
「店では個人出版や海外の少部数の出版物をよく扱っていたのですが、編集や構成がすごく自由で枠にとらわれていないんです。そこから、本って面白いと思いました」
その後、仕事を辞めてから最初の1年はアメリカの西海岸や京都、四国、茨城と各地の本屋を巡り、イメージを固めながら一度実家のあるうきは市に戻る。
「出店する場所は色々と考えていたんです。でもいざ出店する場合、都会だと建築物も流行によって移り変わりが激しい。やるんだったら長く続けたいし、いずれは戻ろうと考えていたので地元で物件を探しました」

04-187A8827

人々の暮らしに寄り添いながら
書籍のラインナップにもこだわりを

「うきは市って自然があって食べ物も美味しいんですけど、自分が行きたい本屋さんが無い。それなら自分で作れば好きな仕事もできるし、地元も楽しくなるかもと考えました」
扱う書籍のラインナップは、衣食住に関わるもののほか、思想や哲学、芸術なども揃える。個人の思考や思いを喚起してくれる本こそが日々の暮らしの根底にあると考えるからだ。のんびりとした時間が流れるこの店には、それらの本がしっくりと馴染む。
「最初は本のジャンルについてイメージはあったのですが、今ではお客さんからの問い合わせに応じて少しずつ内容を変えています」
このごろは石井さんのセレクトとお客さんの要望がマッチする事も増えてきたそうだ。

03-187A8862

05-187A9045

06-187A9125

地元の人々との交流を重ねながら
意外に賑やかな本屋生活を楽しむ

オープン後、特に驚いたのが、客注、すなわちお客さん側の要望で取り寄せる本が増えた事。
「ご年配の方だとネットは難しいし、大きな書店は遠い。直接お店に新聞の切り抜きなどを持っていらっしゃる方も多いんです。こんな小さい本屋でも最低限のインフラはあるので、うまく利用してもらえれば嬉しいですね」
地元の人々との交流も、新たなやりがいを生み出してくれる。
「小学生の友達もできました。店の前の通学路を通って学校に通うのですが、毎日手を振ってくれます」
その友達は、お店の宣伝もしてくれるようで、店の向かいの建物の壁にかかった黒板には子どもの字で「マフィンがおいしいよ。ブックカフェをよろしくね」の文字が。
子どもたちと石井さんとのやりとりが眼に浮かぶようで、思わず笑みがこぼれてしまう。

07-187A9221

街の知的財産を循環させたい
古本イベントを通して描く次のカタチ

オープンして約1年半。今では遠方からも多くの人が訪れ、憩いの場所として定着してきたかに思われるMINOU BOOKS&CAFÉ。昨年は古本のイベントも開催した。
「僕は、住民が持つ本はその街にとっての知的財産だと思うんです。だから古本をそのまま処分してしまうより、今まで蓄えられた知的財産として街の中で循環できたらと考えています。そこで、市内10箇所ほどのスポットに交渉して、それぞれの場所で古本を売ってもらいました。本はそのスポットの人の持ち物や集めた本を並べて。街を巡る古本市という形式ですね。この取り組みは毎年開催したいし、いずれは、お店として古本を扱いたいですね」
日々の交流を育む中で次第に大きくなる地元への思いが、石井さんの本屋としての新たな一歩を後押ししてくれているようだ。

08-187A9212

オープンするまでは、とにかく街を歩き回って物件を探したという。理想は広くて、街の中心部、そして日差しを感じる場所である事。現在のビルは大きな窓があり条件ぴったり。
オープンするまでは、とにかく街を歩き回って物件を探したという。理想は広くて、街の中心部、そして日差しを感じる場所である事。現在のビルは大きな窓があり条件ぴったり。
外から中がよく見えるように大きな窓を設置しているのも特徴。学校の通学路沿いにあるため、窓の外には時々小学生や幼稚園生が通る。「大人がカッコ良くくつろいでいる」姿を子どもに見せて、本屋への憧れを抱かせたいという石井さんの思惑も。
外から中がよく見えるように大きな窓を設置しているのも特徴。学校の通学路沿いにあるため、窓の外には時々小学生や幼稚園生が通る。「大人がカッコ良くくつろいでいる」姿を子どもに見せて、本屋への憧れを抱かせたいという石井さんの思惑も。
 カウンター上のマフィンは常時3種類
カウンター上のマフィンは常時3種類。その内の1種には必ず地元のフルーツを使ったものを用意している。素朴な味わいが人気だ。
「コーヒーカウンティ」の豆で淹れた一杯立てのコーヒー。
カフェは久留米の名店「コーヒーカウンティ」の豆で淹れた一杯立てのコーヒー。エチオピアなど3種類の豆から選べて、1杯450円。
天井近くにも小窓があり、明るい日差しがいっぱいに差し込む。
天井近くにも小窓があり、明るい日差しがいっぱいに差し込む。本と一緒にうきはの雑貨なども扱っているので、お土産にも喜ばれそう。
棚にはとっつきやすいテーマから専門書までランダムに並ぶ。
棚にはとっつきやすいテーマから専門書までランダムに並ぶ。さまざまな背表紙を眺めていると、「本屋にはさまざまな意見が並んでいるんです」という石井さんの言葉が理解できた気がする。ジャケ買いならぬ、背表紙買いで選んでみてもおもしろい。

15-187A9033

実はミュージシャンであり、温泉マニアという顔も持つ石井さん。
実はミュージシャンであり、温泉マニアという顔も持つ石井さん。「いつかは温泉の本を出したいですね」との夢も。乞うご期待!